【ご案内と呼びかけ】

 戦後76年・第19回シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い

   コロナ感染急拡大を受けて、例年より規模を縮小し、時間も15分短縮します。体調不良・不安の方はご無理して参加されないようお願いします。(九段下⇒千鳥ヶ淵の直行バスも運行しません。)

 Youtubeでご覧いただけます。https://youtu.be/K7KkcNO-Vuc  (12:55~13:45)

■8月23日(月)午後1時から(1時35分まで)

■国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑(千代田区三番町2 ☎03-3261-6700)

(*地下鉄東西・半蔵門・都営新宿線「九段下」4番出口から徒歩10分。駐車場あり。)
   
■次第 黙祷・関係者追悼辞・挨拶・全員献花
 (*屋外で行います。平服でお越し下さい。晴れの日は帽子や日傘もご持参下さい。)
 
■呼びかけ・共催 「8・23シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」実行委員会
ソ連による日本人捕虜・抑留被害者支援記録センター(シベリア抑留者支援センター)・
シベリア立法推進会議・韓国シベリア朔風会・日本・ロシア協会
■後援 厚生労働省・外務省・朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞社・産経新聞社・日経新聞社・東京新聞 
■連絡先 直通携帯080-5079-5461 ☎03-3237-0217・Fax3237-0287 Email:cfrtyo@gmail.com

*生花の予約・申し込みも上記へお願いします。
*なお、終了後、例年は屋内での集いを開催していますが、新型コロナ感染状況が見通せませんので今年も断念しました。 

申込締切りました! 8/23(月)19:00~25(水)17:30 シベリア抑留開始76年追悼イベント

4万6300人(村山常雄氏作成名簿)の死者たちの名前をリモートで刻む46時間Zoom 

 昨年コロナ下で広くリモートでつながって心を合わせて追悼する試みとして、パソコンや携帯を使って約4万6千人の抑留死亡者名簿の読み上げをリレー式に行いました。新しいユニークな追悼の形として注目されましたが、今年も8月23日夜から25日夕方にかけて行います。死者の名前をお一人当たり4秒弱で静かに読み上げるイベントですが、改めて膨大な犠牲を体感する貴重な契機になります。*リモート(Zoom)に慣れておられない方にも、扱い方をご案内するリハーサルも行います。パソコンのない方も電話でご参加いただけますのでご相談ください。会場にお越しいただくこともできます。
◆日時:8月23日(月)夜7時~25日(水)夕方5時30分ころまで (一人30分で500人分の名簿を朗読いただきます。)
◆Zoom URL:①8/23(月)18:30~8/24(火)18:00 https://us02web.zoom.us/j/85792742330(ミーティングID:85792742330)
②8/24(火)18::00~8/25(水)17:30 https://us02web.zoom.us/j/85835586039(ミーティングID:85835586039)
◆読み上げ名簿:https:// yokuryu.world.coocan.jp/ meiboa-n-00-1.html (村山常雄氏作成抑留死亡者名簿)
◆参加方法: パソコン・スマホ・iPadなどでインターネットで上記URLに接続します。Youtubeでも同時配信します。(参加無料)
Youtube:①8/23(月)19:00~24(火)18:00https://youtu.be/rbs8mgt-WQA ②24(火)18:00~25(水)17:30https://youtu.be/sUdWNexLobM 
◆会場参加: 8月25日(水)10:00~19:00 東京ボランティア市民活動センター(JR/地下鉄飯田橋駅前 ラムラ10F)C会議室
◆事前説明会&リハーサル(Zoom):①8月7日(土)19:00-20:00 ②8月8日(日)15:00-16:00 ③8月21日(土)19:00-20:00
◆案内専用WEB:https://2020redress.wixsite.com/46hourszoom (*年齢・性別・国籍に関係なくどなたでもご参加いただけます。)
◆参加申込・問合せ:シベリア抑留者支援センター☎080-5079-5461 cfrtyo@gmail.com(名前・Eメイルアドレス・☎番号お知らせ下さい。)
 参加申込受付締切=8月10日(第1次、*その後も受け付けます。)

 


 

       村山常雄作成・抑留死亡者名簿インターネット版(https://yokuryu.world.coocan.jp/)

 

【村山常雄さん】(1926.2.3.~2014.5.11.)

1926(大正15)年新潟県生まれ。1943(昭和18)年満州国立ハルビン水産試験場勤務。45年現地入隊、敗戦によりソ連軍の捕虜となり4年間の強制労働に従事。49年帰国。その後教員となり、新潟県内8中学に勤務。1985(昭和60)年退職。1996(平成8)年、70歳の誕生日を機に<シベリア抑留中死亡者データベース>作成に気自身のホームページに公開。2006(平成18)年度(第40回)吉川英治文化賞受賞。2007年『ソ連抑留中死亡者名簿』を自費出版。2008年第5回新潟出版文化賞特別賞受賞、2009年第12回日本自費出版文化賞大賞受賞。2014年88歳で逝去。
 没後、「村山常雄記念シベリア抑留研究奨励賞」が設けられ、2016年から隔年
で若手研究者に賞が贈られています。
 著書:『シベリアに逝きし人々を刻す―ソ連抑留中死亡者名簿』(自費出版、
2007年、*第5回新潟出版文化賞特別賞、第12回日本自費出版文化賞大
賞受賞)、『シベリアに逝きし46300名を刻む―ソ連抑留死亡者名簿をつくる』
(七つ森書館、2009年)。
 <参考>https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50557
     

フォトギャラリー: メインページ

イメージギャラリーは空です。

会合・催し・イベントなどのご案内

会合・催し・イベントのご案内

会合・催し・イベントなどの案内

                   ...

ニュース

第1回シベリア抑留記録・文化賞、渡辺祥子さんが受賞

2015年11月21日 00:00
第1回シベリア抑留記録・文化賞を渡辺祥子さんが受賞されました。 詳しくは、「シベリア抑留記録・文化賞」の頁に。

舞鶴・シベリア抑留関係資料等のユネスコ世界記憶遺産登録決定を歓迎するコメント

2015年10月10日 22:43
 本日(10/10)、舞鶴引揚記念館(舞鶴市)が所蔵する「シベリア抑留」と引き揚げ関係資料がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に登録されたことが発表されました。  かねてより、署名などでこの動きを支持・支援してきた立場から、登録決定は、まことに喜ばしく、関係者各位の多年の努力に敬意を表します。「戦後70年・抑留70年」の時機を得た快挙です。  60万人以上の日本兵・軍属・民間人が旧「満州」(現・中国東北部)・北朝鮮からソ連領内とモンゴルに移送され、飢えと寒さと強制労働のために、6万人以上が死亡した悲惨な歴史が、国境を超えて、世界の記憶として認定されたことを歓迎します。また、これを機

2014年8月23日第12回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」開催

2015年09月01日 00:00
8月23日千鳥ヶ淵戦没者墓苑で第12回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」を開催しました 各紙・NHKニュースなどから 2014年08月23日19時12分 毎日新聞 シベリア抑留:犠牲6万人追悼の集い 東京・千鳥ケ淵 追悼の集いで、犠牲者に花をささげるシベリア抑留の遺族や関係者=東京都千代田区で、青島顕撮影  第二次大戦後に旧満州(現中国東北部)にいた日本兵約60万人が旧ソ連に連行され、最長11年使役された「シベリア抑留」で犠牲になった約6万人を追悼する集いが23日、東京・千鳥ケ淵戦没者墓苑で開かれ、約150人が参加した。  集いは、当事者や支援者でつくる実行委員会が、抑留開始の日とさ

抑留死亡者名簿研究・村山常雄さん(88歳)逝去

2014年05月11日 18:00
【訃報】...

2012年8月23日千鳥ヶ淵戦没者墓苑で第10回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」を開催しました

2013年08月29日 00:00
8月23日千鳥ヶ淵戦没者墓苑で第10回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」を開催しました NHKニュースなどから 8月23日...

三井厚生労働大臣に要望書を提出

2012年10月30日 00:07
   ...