<ご案内>

12月26日はソ連からの最後の引揚船が帰ってきた日です 

      12月23日~28日九段でスケッチ展を開催します

    "抑留体験者が描いた収容所の記憶" 

     ―32mの絵巻物・スケッチに込められた平和への願い


  

 12月26日は、ソ連から最後の引揚船「興安丸」が舞鶴入港し、いわゆる「シベリア抑留」が終わった日です。あの日から60年がたちました。生きて帰還できた元抑留体験者も今年平均93歳になります。

 抑留体験を伝えたい、真実を次世代に知ってほしいと、多くの体験者が絵やスケッチを遺しています。11月に初めて展示して、好評を博した故・澤田精之助さんの32m絵巻物を中心に、収容所体験を伝える貴重なスケッチ、写真、資料などを展示・公開します。ギャラリートークやビデオ上映、収容所で歌われた歌の紹介なども連日行います。

 23日13時のオープニングには、絵巻物の作者の弟澤田博さん(84歳)も見えます。

 26日には舞鶴に帰還した元抑留者の体験を聞き、収容所で歌われた歌も披露します。(14時~16時)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

●主な貴重な展示作品・資料●

澤田精之助氏絵巻物(32m)  渡邉昭平氏スケッチ(26点)  井上馨氏スケッチ(24点)

 山下静夫氏ペン画(画文集『シベリア抑留1450日』原画)

『ソヴエート歌曲集』 『日本新聞』 関係図書・資料 地図・年表 ほか           

 

■日時:12月23日(金)~28日(水) 11:00~19:00

*初日12/23は13:00から、最終日12/28は15:00まで

*12月23日(金)は13:00からオープニングを行い、当事者や関係者が展示品の説明をします。

*毎日14:00~15:00関係者らが展示を解説するギャラリートークを行います。(抑留体験者、

古川精一<バリトン歌手・遺族>、富田武成蹊大名誉教授、学校教師らとトークします。)

*会場でDVD映像も上映します。(1952年シュウ・ダグチ・プロ製作『私はシベリヤの捕虜だった』、2016年韓国MBC『父と私―シベリア抑留・1945年』、2006年『舞鶴引揚50周年記念集会記録』)

■会場:千代田区立九段生涯学習館2F・九段ギャラリー 入場無料

      (地下鉄東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」下車6番出口すぐ前、九段下交差点脇・りそな銀行隣)

 

主催:千代田・人権ネットワーク 会場直通・専用☎080-5079-5461(担当・有光)

      E-mail:cfrtyo@gmail.com Fax03-3237-0287

 共催: シベリア抑留者支援・記録センター

*ギャラリー・トーク予定(毎日14:00~15:00)

 12月23日 澤田 博さん(絵巻物の作者澤田精之助さんの弟、84歳)

 12月24日 長澤淑夫さん(『シベリア抑留と戦後日本』(有志社、2011年刊)著者)

 12月25日 有光 健(シベリア抑留者支援・記録センター世話人)<上映映像の紹介>

 12月26日 抑留体験者 (林照・新関省二・佐伯剛史・呉正男さんら予定)+古川精一さん(バリトン歌手)<収容所で歌われた歌曲の紹介>(~16:00)

 12月27日 富田 武さん(成蹊大学名誉教授)、栗原俊雄(毎日新聞学芸部記者)、松本茂雄(抑留体験者)<中公新書『シベリア抑留-スターリン独裁下、「収容所群島」の実像』(12/20刊、富田武著)をめぐって>

*毎日上映予定映像 *上映プログラムは変更される場合もありますので、ご了承ください。

11:00-11:20 「シベリア抑留とは何だったのか」(ニュース映像などを使った歴史解説映像)

11:30-12:40 「私はシベリヤの捕虜だった」(セミ・ドキュメンタリー、シュウ・タグチ・プロ、1952年)

12:45-13:35 「父(アボジ)と私-シベリア・1945年」(韓国MBC、2016年)

16:00-17:50 「舞鶴引揚50年記念集会記録映像」(2006年)   

18:00-18:50 *リクエストに応じて

フォトギャラリー: メインページ

イメージギャラリーは空です。

会合・催し・イベントなどのご案内

会合・催し・イベントのご案内

ニュース

第1回シベリア抑留記録・文化賞、渡辺祥子さんが受賞

2015年11月21日 00:00
第1回シベリア抑留記録・文化賞を渡辺祥子さんが受賞されました。 詳しくは、「シベリア抑留記録・文化賞」の頁に。

舞鶴・シベリア抑留関係資料等のユネスコ世界記憶遺産登録決定を歓迎するコメント

2015年10月10日 22:43
 本日(10/10)、舞鶴引揚記念館(舞鶴市)が所蔵する「シベリア抑留」と引き揚げ関係資料がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に登録されたことが発表されました。  かねてより、署名などでこの動きを支持・支援してきた立場から、登録決定は、まことに喜ばしく、関係者各位の多年の努力に敬意を表します。「戦後70年・抑留70年」の時機を得た快挙です。  60万人以上の日本兵・軍属・民間人が旧「満州」(現・中国東北部)・北朝鮮からソ連領内とモンゴルに移送され、飢えと寒さと強制労働のために、6万人以上が死亡した悲惨な歴史が、国境を超えて、世界の記憶として認定されたことを歓迎します。また、これを機

2014年8月23日第12回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」開催

2015年09月01日 00:00
8月23日千鳥ヶ淵戦没者墓苑で第12回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」を開催しました 各紙・NHKニュースなどから 2014年08月23日19時12分 毎日新聞 シベリア抑留:犠牲6万人追悼の集い 東京・千鳥ケ淵 追悼の集いで、犠牲者に花をささげるシベリア抑留の遺族や関係者=東京都千代田区で、青島顕撮影  第二次大戦後に旧満州(現中国東北部)にいた日本兵約60万人が旧ソ連に連行され、最長11年使役された「シベリア抑留」で犠牲になった約6万人を追悼する集いが23日、東京・千鳥ケ淵戦没者墓苑で開かれ、約150人が参加した。  集いは、当事者や支援者でつくる実行委員会が、抑留開始の日とさ

抑留死亡者名簿研究・村山常雄さん(88歳)逝去

2014年05月11日 18:00
【訃報】...

2012年8月23日千鳥ヶ淵戦没者墓苑で第10回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」を開催しました

2013年08月29日 00:00
8月23日千鳥ヶ淵戦没者墓苑で第10回「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」を開催しました NHKニュースなどから 8月23日...

三井厚生労働大臣に要望書を提出

2012年10月30日 00:07
   ...