【ご案内と呼びかけ】

戦後73年・第16回シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い 

 スターリンの指令でシベリア抑留が始まった8月23日に、シベリア・モンゴル抑留犠牲者を追悼する集いを国立戦没者墓苑で行うことを2003年から呼びかけてきました。同墓苑には旧ソ連・モンゴルから帰還した遺骨16,968柱が納められています。「戦後73年」を経て、「シベリア抑留」の犠牲者を追悼し、実態解明を進める活動をさらに広げていきたいと願っています。

どなたでもご参列いただけます。元抑留者・遺家族だけでなく、関心おありの市民の皆様もお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。(予約不要・参加無料です)

 

8月23日(木)午後1時から(1時50分まで)

 

国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑(千代田区三番町2 ☎03-3261-6700)

(*地下鉄東西・半蔵門・都営新宿線「九段下」4番出口から10分。駐車場あり。

*12:00と12:30に「九段下」の旧九段会館駐車場前から会場行き無料シャトルバスが出ます。)

     

 

■次第 黙祷・関係者追悼辞・挨拶・全員献花

(*屋外で行います。平服でお越し下さい。帽子や日傘もご持参下さい。参加無料です。)

 

■呼びかけ・共催 「8・23シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」実行委員会

ソ連による日本人捕虜・抑留被害者支援記録センター(シベリア抑留者支援センター)

シベリア立法推進会議・韓国シベリア朔風会・日本・ロシア協会

後援 厚生労働省・外務省

朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞社・産経新聞社・日本経済新聞社・東京新聞

■連絡先 直通携帯080-5079-5461 03-3237-0217・Fax3237-0287

*生花の予約・申し込みも上記へお願いします。

〒102-0073東京都千代田区九段北4-1-31-401 cfrtyo@gmail.com

(*終了後、追悼コンサートを千代田区いきいきプラザ・カスケードホールで開催します。15:00-16:30

会場行き直行バスでご案内しますので、ぜひご参加下さい。裏面をご参照ください。)

 

国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑 昭和34年(1959年)に国によって建設され、戦没者のご遺骨を埋葬している墓苑です。先の大戦で、海外で亡くなった軍人、軍属、一般邦人等約240万人の戦没者の遺骨のうち、政府等が外地から持ち帰り、引き取り手のない遺骨が36万9,166柱(平成30年5月末現在)納められています。https://www.boen.or.jp/

Memorial Concert for the Japanese POWs and Civilians Detained by Soviet Russia 1945-1956

シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼音楽の集い

ー収容所でつくられ、歌われた曲を聴くー

The Japanese Songs in the POW Camps, Soviet Russia 19452018

8月23日(木)15:00~16:30 (開場:14:30)

「異国の丘」だけでなく、収容所の中で、抑留者によって多くの歌がつくられ、歌われました。寒さと飢えと過酷な労働の日々、何の楽しみもない中で、くつろぎ、慰められ、励まし合った貴重な時間でした。それらの中でも、もっとも多くの曲がつくられたといわれるのが、ウズベキスタンのアングレン収容所。今年2月に96歳で他界された池田幸一さんらがいた収容所で、『アングレン歌曲集』まで作られました。今回は、追悼の気持を込めて、『アングレン歌曲集』の中の曲を披露していただきます。どなたでもご参加いただけます。

 

出演=古川精一 + 神奈川大学混声合唱団クール・アンジェ(指揮:岩切佳苗)

会場:いきいきプラザ一番町・地階「カスケードホール」【入場無料】

(千代田区一番町12 ☎03-3265-6311 地下鉄半蔵門線「麹町」6番出口下車、徒歩5分)

 

《出演者プロフィル》

■古川精一(ふるかわ・せいいち バリトン) デンマーク国費奨学生としてコペンハーゲン王立音楽院に留学。ドイツ・エッセン市立歌劇場、リューベック市立歌劇場で専属歌手として活躍。武蔵野音大卒、慶應義塾大学院メディアデザイン研究科講師。二期会会員。叔父が抑留者で、タイシェットで病死。2015年夏に埋葬地を訪ね、歌う。今年3月モスクワで創設された「第1回国際プロフェッショナル音楽賞」受賞。

■神奈川大学混声合唱団クール・アンジェ 1970年女性合唱団サークル設立。1982年混声合唱団クール・アンジェ設立。今年で36年目を迎える。2008年より指導指揮者に岩切佳苗氏を迎え、定期演奏会、学内演奏、卒・入学式、ゲスト出演、老人施設訪問演奏、復興支援、みなとみらいクイーンズスクエア横浜等で演奏。神奈川県合唱コンクール学生部門銀賞。BS-TBS「日本名曲アルバム」出演。

■岩切佳苗(いわきり・かなえ 指揮) 武蔵野音大声楽学科卒業。オーストリア国立ザルツブルク・モーツァルテウム、州立リンツ・ブルックナー音楽院で研鑽。ザルツブルク州立劇場合唱団員として祝祭劇場の芸術祭に出演。欧日協会コンサート多数出演。

*ゲスト: 抑留体験者(予定)

*予定曲: 『ダモイの歌』,『母に捧ぐる歌「母へ」』,『バザールにて』など

●主  催:  シベリア抑留者支援センター

●問合せ:  ☎080-5079-5461 Fax03-3237-0287

E-mail: cfrtyo@gmail.com