【ご案内と呼びかけ】

  戦後72年・第15回シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い

 スターリンの指令でシベリア抑留が始まった8月23日に、シベリア・モンゴル抑留犠牲者を追悼する集いを国立戦没者墓苑で行うことを2003年から呼びかけてきました。同墓苑には旧ソ連・モンゴルから帰還した遺骨14,274柱が納められています。「戦後72年」を経て、「シベリア抑留」の実態解明を求める声が高まりつつあります。どなたでもご参列いただけます。元抑留者・遺家族だけでなく、関心おありの市民の皆様もお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。(予約不要です)

8月23日(水)午後1時から(1時50分まで)

         ■国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑(千代田区三番町2 ☎03-3261-6700)

(*地下鉄東西・半蔵門・都営新宿線「九段下」4番出口から10分。駐車場あり。

*12:00と12:30に「九段下」の旧九段会館駐車場前から会場行き無料シャトルバスが出ます。)

 

               

■次第 黙祷・関係者追悼辞・挨拶・全員献花

(*屋外で行います。平服でお越し下さい。帽子や日傘もご持参下さい。参加=無料です。)

■呼びかけ・共催 「8・23シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」実行委員会

ソ連による日本人捕虜・抑留被害者支援記録センター(シベリア抑留者支援センター)

シベリア立法推進会議・韓国シベリア朔風会・日本・ロシア協会

後援 厚生労働省・外務省(申請中)

■連絡先 直通携帯080-5079-5461 03-3237-0217・Fax3237-0287

*生花の予約・申し込みも上記へお願いします。

〒102-0074東京都千代田区九段南2-2-7-601 cfrtyo@gmail.com

(*終了後,懇談会(15:00-16:30、別会場)を開催します。ぜひご参加下さい。

*閉会後、千鳥ヶ淵⇒九段下のバスも運行しますので、ご利用ください。)

 

*国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑 昭和34年(1959年)に国によって建設され、戦没者のご遺骨を埋葬している墓苑です。先の大戦で、海外で亡くなった軍人、軍属、一般邦人等約240万人の戦没者の遺骨のうち、政府等が外地から持ち帰り、引き取り手のない遺骨が36万7,328柱(平成29年5月29日現在)納められています。